むし歯を治す「一般歯科」むし歯を治す「一般歯科」

小児歯科はこちら

一般歯科は、むし歯の治療をメインに行う診療メニューです。むし歯はプラークや歯石に潜む菌が出す酸により、歯が徐々に溶かされていく病気。その進行段階に応じた適切な処置を行います。

むし歯治療には「痛い」「恐い」というイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、京都市の「かおり歯科」では電動麻酔機や炭酸ガスレーザーなどを用いて、できるだけ痛みの少ない治療を行っていますのでご安心ください。治療を先延ばしにしてしまえばその分むし歯が進行し、治療の負担も大きくなってしまいます。少しでも違和感を覚えたら、なるべく早くご来院ください。

むし歯の進行段階(C0~C4)と治療法むし歯の進行段階(C0~C4)と治療法

脱灰(C0)
  • 【症状】
  • 「痛い」「しみる」といった自覚症状はありません
  • 歯の表面が白く濁ります
  • 【治療法】
  • 正しいブラッシングとフッ素塗布により治癒が見込めます
エナメル質のむし歯(C1)
  • 【症状】
  • まだ自覚症状は見られません
  • 冷たいものがしみることがあります
  • 患部が黒ずみます
  • 【治療法】
  • 患部を削り、レジン(歯科用プラスチック)を詰めて保護します。
象牙質のむし歯(C2)
  • 【症状】
  • 冷たいものや甘いものがしみるようになります
  • たまに痛むこともあります。
  • 【治療法】
  • 患部を削り、詰め物で補います
神経まで進行したむし歯(C3)
  • 【症状】
  • 熱いものがしみるようになります
  • 何もしていなくてもズキズキと激しく痛みます
  • 【治療法】
  • 歯を残すために根管治療を行い、被せ物を被せます
歯根まで進行したむし歯(C4)
  • 【症状】
  • 神経が死に、痛みがなくなります
  • 放置すると歯根部に膿がたまり、再び痛みが出ます

むし歯は最悪の場合歯を失ってしまう恐ろしい病気。
異変に気づいたらすぐに医師に診てもらうことはもちろん、“むし歯になる前の予防”を心がけることが大切です。日ごろから丁寧にブラッシングを行い、定期的に歯科医院でのクリーニングを受けることをおすすめします。

当院では予防歯科にも力を入れていますので、どうぞお気軽にご相談ください。

ダイアグノデントを用いたむし歯検査を行っています
当院ではレーザーを用いたむし歯検査機「ダイアグノデント」を導入しています。従来のむし歯検査では歯を傷めてしまったり、深いところのむし歯が見つけられなかったりといったことがありましたが、ダイアグノデントならその心配はありません。痛みも伴わず、深いところのむし歯まで正確に検査できます。検査結果は数値で示され、その内容をもとに診療を行います。
ドックスベストセメントで削らないむし歯治療を行っています
ドックスベストセメントはミネラルを使って、できるだけ歯を削らずに虫歯を治療します。患者様の自身の歯を残すことが期待でき、アメリカでは歯科医師会も認める一般的な治療法です。ドックスベストセメントのメリットは歯や神経にダメージが少なく、一度治療すれば永続的な治療効果が得られます。

ページの先頭へ戻る

お子様の歯を守る「小児歯科」お子様の歯を守る「小児歯科」

小児歯科は、乳幼児期から永久歯が生えそろう学童期までのお子様を対象にした診療メニューです。主に行うのはむし歯の予防や治療。永久歯がきれいに生えそろい、ずっと健康な歯を維持できるように、小さなころから丁寧にメインテナンスを行います。

「乳歯はどうせ生え替わるから」と思っている親御さんもいらっしゃるかもしれませんが、それは大きな間違い。永久歯の歯並びや健康は、乳歯の状態によって大きく左右されます。特に乳歯はやわらかくむし歯になりやすいもの。お子様の歯の健康を守るためにも、ぜひ京都市の「かおり歯科」へご相談ください。お子様のお口の状態に合わせた予防処置をご提供します。

かおり歯科の小児歯科メニューかおり歯科の小児歯科メニュー

歯を強くする「フッ素塗布」

歯の石灰化をうながし、歯質を強くすることのできるフッ素を塗布することで、むし歯に負けない歯をつくります。生えはじめのやわらかい乳歯にも効果があり、定期的に行うことで予防効果が上がります。

歯の溝を埋める「シーラント」

生え替わったばかりの奥歯には複雑な深い溝があり、食べカスがたまりやすいうえにブラッシングもしづらく、むし歯になりがちです。その溝にあらかじめ歯科用のプラスチックを詰め、むし歯を予防する処置がシーラントです。

正しく磨くための「ブラッシング指導」

ブラッシングは毎日欠かさないことが大切ですが、その方法が正しくなければ、予防効果は半減してしまいます。ブラッシング指導では、磨き方のクセをなおし、歯の形や生え方に合った歯ブラシの当て方をお教えします。また親御さんには仕上げ磨きのポイントをお伝えします。

ムーシールドを用いた小児の受け口治療を行っています
受け口(反対咬合)はこれまで、3歳児検診などで指摘されても「改善するまで様子を見る」ということがよくありました。しかし実際に自然に治るのは、100人中6人程度。当院では、受け口の早期改善を目指し、「ムーシールド」というマウスピース型の矯正装置を使った治療を行っています。3歳から使用できる装置ですので、お子様のお口が気になるという場合は、お気軽にご相談ください。

ページの先頭へ戻る

アクセス

かおり歯科 KAORI DENTAL CLINIC

住所 〒604-8483
京都府京都市中京区 西ノ京南上合町28 ベルデ春日101
TEL 075-822-5171
交通案内

診療時間

35.013671,135.730261

〒604-8483
京都府京都市中京区西ノ京南上合町28ベルデ春日101

35.013671,135.730261

詳細はこちら

2015年日本歯内療法学会認定研修施設に京都発

診療時間