歯周病は早期発見・早期治療が大切歯周病は早期発見・早期治療が大切

予防歯科はこちら

ブラッシング時に血が出る……
最近口臭が気になる……
ブラッシング時に血が出る……最近口臭が気になる……

こんなお悩みはありませんか? もしかしたらそれは、歯周病のサインかもしれません。

歯周病は、歯周ポケット(歯と歯ぐきの間)のプラークに潜む歯周病菌によって歯ぐきに炎症が起き、歯を支える顎の骨が溶かされてしまう病気です。ただし、初期には自覚症状がなく気づきにくいため、気づいたときにはずいぶん進行してしまっていることも珍しくありません。

最終的には顎の骨が歯を支えられなくなり歯が抜け落ちてしまう恐ろしい病気ですので、早期発見・早期治療が大切です。歯周病は進行に応じて、歯ぐきの出血や口内のネバつき、口臭、歯のぐらつきといった症状となってあらわれます。少しでも「おかしいな」と思ったら、お早めに京都市の「かおり歯科」へご相談ください。

歯周病の進行段階歯周病の進行段階

段階 状態 症状
初期 通常2mm程度の歯周ポケットが、4mmまで深くなっている状態。ブラッシング時に出血することがありますが、プラークや歯石の除去で改善できる場合がほとんどです。
中期 歯周ポケットの深さが4~6mmの状態。歯ぐきが炎症を起こし、赤く腫れます。また、顎の骨が溶けはじめ、歯がぐらつくことがあります。
末期 歯周ポケットの深さが6mm以上の状態。顎の骨が半分以上溶けてしまい、歯が大きくぐらつきます。口臭もきつくなり、最終的には歯が抜け落ちてしまいます。

かおり歯科の歯周病治療かおり歯科の歯周病治療

歯周ポケット掻爬(そうは)術

歯周病の中期に行う外科的処置です。歯ぐきに麻酔をしたうえで、歯周ポケットにたまったプラークや歯石をきれいに除去します。肉眼で確認できない部分の手術となるため、高度な技術が必要です。

フラップ手術

歯周病の末期に行う外科的処置です。歯ぐきに麻酔をしたうえで、一度歯ぐきを顎の骨からはがして歯根を露出させます。そしてプラークや歯石はもちろん、歯周病菌に冒された歯ぐきを取り除き、歯ぐきを元の状態に戻して回復を待ちます。

再生治療

歯周病によって破壊されてしまった歯周組織(歯ぐきや顎の骨)を再生させる治療です。人工的に歯周組織が再生できるスペースを確保し、薬剤などを用いて再生をうながします。

レーザー治療

当院では患者様の負担を軽減するため、炭酸ガスレーザーを導入し、歯周病治療時の殺菌や消炎、止血などに用いています。

ページの先頭へ戻る

虫歯や歯周病を未然に防ぐ「予防歯科」虫歯や歯周病を未然に防ぐ「予防歯科」

「歯医者は病気になったら行くところ」……こう思っている方はまだまだ多くいらっしゃいますが、フィンランドなどの歯科医療の先進国では「歯医者は予防のために行くところ」という考え方が常識になっています。それは、歯をふたつのダメージから守るため。

ひとつは虫歯や歯周病などの病気によるダメージ。
もうひとつは病気の治療時に受けるダメージです。
ひとつは虫歯や歯周病などの病気によるダメージ。もうひとつは病気の治療時に受けるダメージです。

病気によって歯の寿命が縮んでしまうのは知られていても、歯を削ったり振動などの刺激を与えたり、治療によっても歯にダメージが蓄積されてしまうのはあまり知られていない事実。生涯、1本でも多くの歯を使い続けるためには、このふたつのダメージを受けないためにも、日ごろから予防を行うことが大切なのです。

定期検診を活用してください定期検診を活用してください

お口の健康を維持するには、毎日のブラッシングが欠かせません。ただし、丁寧に磨いていてもどうしても歯ブラシが届きにくい部分などに汚れが残ってしまいます。そこで活用していただきたいのが、歯科医院での定期検診です。

プロによる徹底的なクリーニングで歯をすみずみまできれいにするとともに、虫歯や歯周病にかかっていないか? その原因は潜んでいないか?をこまかくチェック。たとえ病気にかかっていても、定期的な検査を受けていれば早期に発見でき、最小限のダメージで治療ができます。当院では患者様のお口の状態に合わせた期間で定期検診を行っていますので、まずはお気軽にご相談ください。

かおり歯科の予防歯科メニューかおり歯科の予防歯科メニュー

歯をツルツルに磨き上げる「PMTC」

PMTCとはプロフェッショナルクリーニング(Professional Mechanical Tooth Cleaning)の略です。歯科衛生士が専用の器具を用いて歯をすみずみまで磨き上げ、日ごろのブラッシングで落としきれない汚れや、軽度の着色をきれいに落とします。クリーニング後は歯がツルツルになり、汚れがつきにくくなります。

虫歯に負けない歯をつくる「フッ素塗布」

歯の再石灰化をうながし、歯質を強くすることのできるフッ素を塗布することで、虫歯に負けない歯をつくります。初期の虫歯であればフッ素塗布によって治癒することもあります。

正しく磨くための「ブラッシング指導」

ブラッシングは毎日欠かさないことが大切ですが、その方法が正しくなければ、予防効果は半減してしまいます。ブラッシング指導では、磨き方のクセをなおし、患者様のお口の状態に合わせたブラッシング方法をお教えします。

ページの先頭へ戻る

患者様ひとりひとりに合わせた予防法「CAMBRA」患者様ひとりひとりに合わせた予防法「CAMBRA」

患者様ひとりひとりに合わせた予防法「CAMBRA」

「むし歯のリスク因子」と「むし歯からの防御因子」が常にお口の中には、存在しています。
「むし歯のリスク因子」と「むし歯からの防御因子」のバランスが崩れ、「むし歯のリスク因子」が強くなると、むし歯になりやすい状態に陥ります。このバランスは生活習慣や人の個体差があるので患者さんによって大きく異なります。そのため、患者さんひとりひとりの現状を明確化する必要があります。当院では患者さんに合わせた予防案を提供するため、CAMBRAという予防法を取り入れています。

CAMBRA(キャンブラ)とはCAMBRA(キャンブラ)とは

CAMBRAは世界基準の予防歯科の考え方で、リスク評価と処置が一つになっています。予防歯科の先進国であるアメリカで生まれました。
アメリカの歯科大学では65校中40校が教育プログラムとして導入しています。また、18,000人以上を対象とした臨床研究を元にリスク評価の基準が明確で経験や技術に左右されない信頼性の高いシステムです。

リスク評価からホームケア処方まで1日で完了
今までの場合 CAMBRA
問診
歯周基本検査
口腔内写真
規格X線撮影
リスク検査 ×
リスク評定 ×
予防計画立案 ×
治療計画 ×

患者さんのう蝕のリスクを分類し、予防管理を世界基準で行うことができます。臨床研究を元にした科学的根拠のあるシステムですので、リスク評価後、すぐにリスク別の処置を患者さんに合ったご提案をいたします。

ページの先頭へ戻る

アクセス

かおり歯科 KAORI DENTAL CLINIC

住所 〒604-8483
京都府京都市中京区 西ノ京南上合町28 ベルデ春日101
TEL 075-822-5171
交通案内

診療時間

35.013671,135.730261

〒604-8483
京都府京都市中京区西ノ京南上合町28ベルデ春日101

35.013671,135.730261

詳細はこちら

2015年日本歯内療法学会認定研修施設に京都発

診療時間